ハワイアンジュエリーについて

ハワイアンジュエリーについて

手彫り

35~45年くらい前までハワイのエングレーバー達は全て完全に手彫りでした。のちにエングレービングマシンが開発されて現在では99%マシンを使った彫りになっています。(現在も完全に手彫りのハワイアンジュエリーは残っており、マシンを使わないで彫り直すこともあります)
エングレービングマシンを使うことによってより深く、速く、立体的に彫れるようになり、以前は何日も掛けて彫っていた物が今では短時間でできるようになりました。

ハンドピースでの彫刻

ハワイアンジュエリーエングレービングで使用するハンドピース(電動の彫刻刃)はアメリカ本土のものよりも大きめでパワーのあるものを使用しています。アメリカ本土ではピストル、ライフル、ナイフ、バックル、ジュエリー等に模様を入れますが、ハワイアンジュエリーのように深く掘り下げることがあまりないので小型のハンドピースが多く使われています。
特に硬い金属、ハワイのホワイトゴールドなどはパワーのあるハンドピースでなければ深く彫ることは容易ではありません。また立体的な、ディープカットなどのデザインは彫るというより形を作り上げていく感覚なのでエングレービングマシンとパワーのあるハンドピースが必要です。

ハワイアンジュエリーのデザインについて

現在のハワイアンジュエリーの主な模様は花・葉・スクロールの3つが組み合わさった物が主流になっています。

ハワイアンジュエリーデザイン:花(プルメリア)
ハワイアンジュエリーデザイン:葉(マイリ)
スクロール ハワイアンジュエリーデザイン:スクロール

花はハイビスカス、プルメリア、リーフはマイリ、スクロールはイングリッシュスクロール、これらの組み合わせで様々なデザインが作られます。
他にもバードオブパラダイス、モンステラ、ヤシの葉、その他の熱帯植物、イルカ、カメなどハワイに生息する動物、ウクレレ、イプ、レイなどハワイの文化を取り入れたデザインのペンダント、リング、ブレスレットなども見受けられます。

140年ほど前に初めて作られたハワイアンジュエリーには、黒のエナメルで文字が入っており、グラスまたはビニールエナメルで文字を入れてからその周りに彫りを入れるデザインは現在でも引き継がれています。こうしたデザインを組み合わせることで、ハワイアンジュエリーの全体デザインを構成していきます。

イルマハワイ・ハワイアンジュエリーエングレービング教室では、まずは機材の使い方や基本の彫り方、デザイン構成まで、生徒のレベルに応じて丁寧に1つ1つ教えていきます。

ハワイアンジュエリーのデザイン種類